旦那鬱病発症してから今まで。


何度も書いてて、目にしてる方にするとうざいと思うので
軽く流して下さい。

どこかおかしいと思うようになったのは、もう10年も前。



寝る前のアルコールが2ℓともう少し飲んでました。
それは眠る為に・・・
それでも眠れなかった。
会話も会話にならずいつもイライラしてました。




最初に行った神経科の病院では『不安神経症』との事で
私は診察室までの付き添いをしてませんでした。
そのうち投薬が効いたと言って通院をやめてしまいました。


イライラは完全になくなってはなく、落ち着きも無く
眼光は鋭く
自分の事しか考えられない状態。


父親が入院を繰り返してた頃だったので度々、病院に来てもらっても
イヤそうな顔しかしてませんでした。
違う事で用事で出かけて遅くなると、ものすごく怒られました。


そのうちに又状態が悪くなり、診療所で安定剤を貰ってました。


違う神経科に行く事になった頃。
朝起きると「死にたい」ともらしてました。
予約日じゃなかったけど、すぐに病院に車を走らせました。


お昼にパートから帰ってお昼ごはんも食べないで病院に行った事。
4時に帰ってから車を走らせた事もあります。


車の運転すら出来ない状態でした。
仕事も休職願いを出そうかとまでなりました。


でも、休んでしまったらダメになりそうだったので
「ちゃんと病気の事話して、辛くなったらいつでも帰っておいで」と仕事に行かせました。
それが、旦那にとって良かったのかは判りません。


今の病院が良いかと聞かれると、さて・・・どうでしょう!?
薬の調整は上手くいってます。死ぬまで離す事はできないらしいですが。


今も、夢をみると身体が異常に動いてます。
何でもない事で怒る事もあります。
薬のせいで昼間も眠ってばかりいます。


それでも、今は旦那にかなり反論もするしきつい冗談も言います。
言い過ぎると反省する時が度々です。
何も言えないで、毎日顔色を見ながら生活してた頃とは比べ物になりません。


いつ、なにかのショックで落ちる時がくるかと思うと怖いですけど・・・



ネット友の死を知りました。
良い訳にしか過ぎないけど、「頑張れ・大丈夫」って声を掛けてはいけないと言われる病気。
病んでた頃の彼女に会いに行くのが怖かった。
安らかに。。。忘れません。


[PR]
Commented by hatimituiro at 2017-01-26 07:55
> あおさんへ。
コメント読みました。
承認すると、地元の人に読まれたらイヤでしょうから承認しません。

何か・・・することが見つかるまで時間がかかりますよ。
旦那は、読書を趣味にするまで3年はかかりました。
何をしたらいいかも判らないとか言ってました。

文章にしても悲惨だった我が家を理解してもらえないんだけど
だれでも、みんなそれぞれ悩みや不安を抱えて生きてるって事です。

きっと、お母さんにも光が見える時が来るはずです。

力を抜いて、良い人をやめて人間関係も断捨離して生きていきたいと
思う、この頃です。
(もともと、そんな感じで生きてますけど・・・笑)
Commented by hatimituiro at 2017-01-29 12:43
あおさんへ。
こういう事って身近に居ないと理解してもらえないもんね。
どんなに愚痴っても「何言ってるのさ」って感じだしね!!!

何でもそうか!?

流す事も必要よぉ~~~~~
by hatimituiro | 2017-01-25 20:36 | その他 | Comments(2)